拡張現実子供乗せロボットゲーム製作(第二回)

回路図編

回路図は下記のような増幅回路を4組作成してやります
回路図を描いたほうがいいかもしれませんが
イメージしやすく図で
usb-io

USB-IOのPort0とVCCをトランジスタの両端に繋ぎます
そこで小さくても電流が流れると、リレーとの間の電流が
大きく流れるようになり、リレーが動作します

これでPCからリレーを動作できるようになりました
とりあえず下記のサイトからもらったusb_base.exeを使用して
実験してみてください
Port0とPort1を切り替えると
カチカチなればOKです

USB-IOについては下記のサイトを参考にしてみてください

USB-I-Oをいじる - とにかく動かしてみる


後はリレー4つを使ってモータの正転逆転回路を組みます
2つのリレーでモータのONOFFを行い
もう2つのリレーで正転逆転を行います

正転逆転


本当は抵抗とか計算して入れないといけないかもしれませんが
よくわからんので入れてませんw
最初NPN型トランジスタを使って回路を組んでいたら
USB-IOが吸込み型で接続してるので、どうにもうまく組めなくなりました
NPN型、PNP型なんて昔ちょこっと勉強しただけなんで
おぼえちゃいない
スポンサーサイト

テーマ : ゲーム製作 関連 - ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

TEA(てぃあ)

Author:TEA(てぃあ)
親サイト:
フリーのゲームがダウンロードできます
主にシューティング系

最新記事
最新コメント
カテゴリ
PSP Vita
カウンター
ジャスティスレギオン 無料ダウンロード
インディーズPSPVitaゲーム
リンクや作った物
検索フォーム
RSSリンクの表示